HOME > 最新情報 > クラブ・サークル・課外活動 > 2018年 > ハンドボール部が北海道学生ハンドボール春季リーグ戦大会で初優勝!

クラブ・サークル・課外活動

2018.05.21

ハンドボール部が北海道学生ハンドボール春季リーグ戦大会で初優勝!

handball_20180520_01.jpg
handball_20180520_02.jpg

ハンドボール部が5月17日(木)から20日(日)まで札幌市、江別市において開催された平成30年度第45回北海道学生ハンドボール春季リーグ戦大会1部において、創部30年目にして初めて優勝し、8月中旬に開催される東日本学生ハンドボール選手権大会の出場権を獲得しました!

 

今大会は、本学、北大、星槎道都大の3チームが3勝1敗で並び、得失点差で争う激戦となりました。
ハンドボール部は、4年前に就任した元日本代表の福田大樹監督(学生支援部学生支援課就職担当係員)の指導のもと、これまでハードなトレーニングにより力をつけてきました。今回の初優勝は、選手全員が4試合を通じ魂のこもったプレーを続けた結果によるものです。

主将の菜原康希さん(経済学専攻3年・札幌真栄高校出身)は「30年つないでくれた先輩方の色々な活動があってこその初優勝で、とてもうれしいです。今後も続けて優勝できるよう頑張ります」と感謝の気持ちと今後について、力強く語ってくれました。
なお、大会最優秀選手(MVP)には、本学から初めて塚本崇斗さん(経済学専攻3年・函館大学附属有斗高校出身)が選ばれました。大会結果と個人賞は以下のとおりです。

 

【大会結果】
3勝1敗 優勝
34-25 旭川医科大学
29-18 札幌国際大学
24-25 星槎道都大学
27-21 北海道大学

 

【個人賞】
○最優秀選手賞
塚本崇斗(経済学専攻3年 函館大学附属有斗高校出身)
○優秀選手賞
加藤翔弥(経営学専攻3年 釧路商業高校出身)
山崎雅大(経済学専攻3年 札幌啓成高校出身)
金子嘉克(経済学専攻2年 釧路工業高校出身)

 

page top