キャリア・就職支援

インターンシップ

社員の一員として働く就業体験は、モチベーションアップにつながるほか、自らの適性を知ることもできます。

派遣先・派遣人数

インターンシップ受入先例(2017-2018年度)
  • 株式会社 朝日サービス
  • SMBC日興証券 株式会社
  • サッポロ不動産開発 株式会社
  • 野村證券 株式会社
  • 東日本フード 株式会社
  • 株式会社 ほくやく・竹山ホールディングス
  • 株式会社 星野リゾート・トマム
  • 株式会社 北海道銀行
  • 北海道労働局
  • 株式会社 北海道アルバイト情報社
  • 株式会社 マネーフォワード
  • ヤマチユナイテッドグループ
  • 北海道スバル 株式会社
  • 恵庭市役所
  • 財務省 北海道財務局
  • 札幌高等裁判所
  • 函館市役所
  • 法務省(札幌矯正管区)
  • 北海道庁

札幌大学のインターンシップ

学生が自信を持ってインターンシップに参加できるよう、派遣先の決定から、社会人マナー・心構え等の事前講座、実習後の振り返りまで、トータルでサポートしています。

インターンシップ参加の主な流れ(例)
若林 怜奈

在学中にさまざまな会社で就業体験。
就職活動に生かすことができます。

若林 怜奈

Wakabayashi Reina

経営学専攻4年
北海道札幌南陵高等学校出身

大学に入ったらいろんなことに挑戦してみようと考えていて、その一つがインターンシップでした。これまでIT企業、不動産、飲料メーカー、自動車販売店など、7社のインターンシップに参加。営業に同行したり、プログラミングの初歩を習ったり、さまざまな体験をさせてもらいました。私の場合、職場の雰囲気が自分に合っているかどうかが就職先を選択する重要な要素でもあります。大学でも大学祭実行委員や文化連合会委員長など責任ある立場を任され、プレッシャーを感じたものの、周囲の人に助けられて乗り切ることができたからです。就職もきっと同じで、支えてくれる人がいれば頑張れる。だから、就職活動でもたくさん足を運んで、自分に合った社風の会社を見つけたいと思っています。