HOME > 札幌大学について > 関連団体

関連団体

札幌大学 後援会   札幌大学 校友会
札幌大学後援会は札幌大学と会員(後援会員)との連絡を密にし、相互の理解と協力によって大学の維持発展に寄与することを目的としています。 札幌大学校友会は各地の卒業生の方々の活躍ぶりや我が校の近況など、より詳しくタイムリーにお伝えしたいと考えます。
札幌大学スポーツ文化総合型クラブ「めぇ~ず」   札幌大学孔子学院
総合型地域スポーツクラブとは、「いつでも、どこでも、だれでも、いつまでも」スポーツを楽しむことができる社会を実現するために、その地域に住む「みなさん」が主役となって、自ら運営・管理をする新しいスポーツクラブのシステムです。
クラブでは、いろいろな種目を様々な人たちが、その興味・関心や競技レベルを問わず、それぞれのスタイルで楽しむことができます。
めぇ〰ず(meez)クラブは、札幌大学の知的・人的・物的資源を有効活用し、今以上に地域に根差すことを目的に設立されました。
スポーツ以外の分野として、文化活動や講座等のプログラムも予定しています。
孔子学院とは、中国政府が世界各国の大学等と提携してその地に設立する、中国語および中国文化に関する教育機関です。孔子学院は、中国語と中国文化の教育を通じて、世界各国との相互理解と友好関係を促進し、継続的な世界平和と相互発展への貢献を目的とする機関です。
海外における中国語学習者は、今後数年間で現在の約2500万人から1億人にまで急増すると予測されています。そこで中国政府は北京に孔子学院本部を設置し、中国国内の大学に実施運営を委託して、これら中国の大学と世界各国100箇所の大学等が協定を結び、それぞれの地で孔子学院を設立する取り組みを推進しています。
孔子学院本部は、各国の孔子学院が取り組む中国語ならびに中国文化教育を支援し、必要な教育資源の提供や教員の派遣を行います。本部から各孔子学院に提供される教材は、教科書、図書、雑誌、資料、ビデオ、DVD 等多岐にわたります。また、各孔子学院は中国語能力検定試験や中国語教育能力検定試験の実施、中国留学奨学金の支給といった、さまざまな便宜・機会を得ることができます。孔子学院は、言語や文化はもとより、中国に関するあらゆる興味や関心にもっとも効果的にお応えできる教育機関です。
ウレㇱパクラブ
北海道の先住民族であるアイヌの歴史・文化を理解し、アイヌ文化を学ぶことによって、自らを鍛え、多様性に富む多文化共生コミュニティのモデル構築を創造しうる人材を育成します。