札幌大学   専任教員

HOME > 教員一覧・業績一覧 > 内山 隆司

教員紹介

■教員名

内山 隆司


■所属

札幌大学


■職名

准教授


■学位
博士(経済学)(早稲田大学)

 

■専門分野
経済学史

 

■所属学会
経済学史学会、日本経済学会

【〜2016年10月】

■研究活動
▼学術論文

・North-South Trade, Southern Industrialization, and Surplus Labor, 『経済と経営』(札幌大学), 2016, 第46巻, 1-13頁.(単著)

・International Trade and Resource Allocation in Ricardo, The Waseda Journal of Political Science and Economics, 2010, No.378-9, pp.35-43. (単著)

・Variable Wage and the Switching of Techniques: A Wicksellian Approach to Ricardo’s Machinery Chapter,『地域と経済』(札幌大学地域経済研究所), 2006, 第3巻, 43-64頁. (単著)

・The Validity of the Long-Run Heckscher-Ohlin Theorem in the Ricardian System, Economica, 2005, Vol.72, pp.705-718. (単著)

・Marshallian External Economies in International Trade, (with K. Kiyono), 『国際経済』(日本国際経済学会), 2004, 投稿第9号, 53-68頁. (共著)

・Ricardo on Machinery: A Dynamic Analysis, The European Journal of the History of Economic Thought, 2000, Vol.7, pp.208-227. (単著)


▼学会発表等
・学会報告:「リカードの資本蓄積論と固定資本」経済学史学会第72回全国大会(同大会報告集127-132頁)、2008年.

・「リカード体系における長期的ヘクシャー・オリーン定理の有効性」, 経済学史学会北海道部会, 2005.

・書評: John Berdell. International Trade and Economic Growth in Open Economies. MA, Edward Elgar. 『経済学史学会年報』(経済学史学会), 2003, 第43号, 124-125頁

page top