札幌大学   専任教員

HOME > 教員一覧・業績一覧 > 瀧元 誠樹

教員紹介

■教員名

瀧元 誠樹


■所属

札幌大学


■職名

教 授


■学位
教育学学士(奈良教育大学)、教育学修士(奈良教育大学)、体育科学博士(日本体育大学)

 

■専門分野
スポーツ史、スポーツ文化論、武道論

 

■所属学会
スポーツ史学会、スポーツ人類学会、武道学会

【〜2016年10月】

■研究活動
▼ 著書・著作
【単著】
・『武と舞の根源を探る』、2006年3月、叢文社

【共著・編著】

・『スポーツ学の射程 「身体」のリアリティへ』、2015年9月、黎明書房
・『叡知の身体技法 -忍術における身体のヴィジョンを探る』、2008年3月、財団法人ミズノスポーツ振興会2007年度研究助成金研究成果報告書

・『スポーツの[普遍化]を考える -北京・オリンピックを見据えて』、2007年3月、ペリフェリア・文化学研究所シンポジウム報告書

・『舞踊・武術・スポーツする身体を考える』、2005年6月、叢文社

・『からだ論への扉をひらく』、2006年6月、叢文社


▼学術論文
【単著】

・Translation of Martial Arts in Japan,“Martial Arts and World Harmony”,Korean Alliance of Martial Arts,9.2016

・武術の心理学的叡智 ―忍術における心身の在り方―、『運動・スポーツ・パフォーマンスの心理学』、化学同人、2016年2月

・舞台における〈武〉から何が見えてくるのか、『スポーツ学の射程 「身体」のリアリティへ』、黎明書房、2015年9月

・武当武術にみる太極拳の魅力、『スポートロジィ』第3号、みやび出版、2015年5月

・グローバル化する武術を考える ~武当道教功夫学院での武術修行日誌より~、札幌大学文化学部紀要『比較文化論叢』第30号、2014年3月

・『免兵法之記』にみる武道の教育・指導について、札幌大学文化学部紀要『比較文化論叢』第29号、2013年11月

・古武術の伝承について、神戸市外国語大学研究年報第50号『グローバリゼーションと伝統スポーツ神戸市外国語大学・バスク大学第2回国際セミナー』、2013年7月

・<ゆるむ身体>から武術する身体を考える、札幌大学文化学部紀要『比較文化論叢』第27号、2012年3月

・『不白筆記』から「守・破・離・」について考える、21世紀スポーツ文化研究所紀要『〈ISC・21〉版 IPHIGENEIA』第1号、2009年6月

・武術への関心について、『現代スポーツ評論』第20号、創文企画、2009年5月

・感性を磨く「忍び」の術、『叡知の身体技法 -忍術における身体のヴィジョンを探る』、2008年、財団法人ミズノスポーツ振興会 2007年度研究助成金研究成果報告書

・伝統文化と日本人のからだ 〜古武術における型から考える〜、『体力科学』Vol.57、2008年2月、日本体力医学会

・「武」と「舞」の同根性に関する研究―『古事記』の分析を中心にして―、学位論文(体育科学博士)、日本体育大学大学院、2005年

・武における「わざ」概念と伝承について、札幌大学文化学部紀要『比較文化論叢』第15号、2005年3月

・天宇受売命のパフォーマンスを考える、『スポーツ学研究』第17号、2004年3月

・「武」の「立ち合う」を考える、『「スポーツする身体」の可能性とその現代的意義』(財)水野スポーツ振興会2002年度研究助成研究成果報告書、2003年

・「武」と「舞」の同根性に関する研究〜女装した武人倭建命と花郎の比較考察〜、『IPHIGENEIA』第4号日本体育大学大学院体育科学研究科スポーツ文化・社会科学系紀要、2003年


▼学会発表等

【学会発表】

・「三者三様の太極拳」、日本スポーツ人類学会第15回大会、2014年3月

【講演】

・「『有為の奥山を越える』ということ」、札幌・がん哲学外来、2016年12月

・「『守・破・離』、人はどう自分を見つめなおし、生きるのか」、札幌・がん哲学外来、2015年12月

・「礼法としての武からこころとからだについて考える」、札幌・がん哲学外来、2014年12月

・「日本の武術の歴史と起源について」、武漢体育大学武術学院研究会、2013年7月

・「伝統文化と日本人のからだ 〜古武術における型から考える〜」、日本体力医学会第62回大会教育講演、2007年

・「西田幾多郎の〈行為的直感〉と武術」、21世紀スポーツ文化研究会、2007年

【シンポジウム】

・「地域と共に人を育てる取り組み」、応用型大学発展シンポジウム、惠州学院大学(中国)、2016年11月

・Translation of Martial Arts in Japan,“Martial Arts and World Harmony”,2016Korean Allaiance of Martial Arts International Conference,Sept.2016

・「新幹線時代のニューツーリズム」、北海道都市問題会議、2014年10月

・「古武術の伝承について考える」、21世紀スポーツ文化研究会、2012年

・「武術からのまなざし」、21世紀スポーツ文化研究会、2010年

・「武術の経験について考える」、21世紀スポーツ文化研究会、2009年

・「わざの修得過程 -身体との対話-」、日本心理学会第72回、2008年

・「忍術に秘められた叡知を探る」、スポーツ史学会第21回大会、2007年

・「伝統文化と日本人のからだ 〜演武をとおして型について考える〜」、日本体力医学会第62回大会、2007年

・「旅する武人」、スポーツ人類学会第8回大会、2007年

【セミナー】

・「古武術の伝承について」、神戸市外国語大学・バスク大学第2回国際セミナー『グローバリゼーションと伝統スポーツ』、2012年

 

▼その他の業績

・「和する心と武の理想」、『月刊 武道』2017年1月号

・北海道高等学校における水泳授業について考える、札幌大学文化学部紀要『比較文化論叢』31号、2015年3月、共著

・「歪んだ身体」、スポーツ史学会会報『ひすぽ』83号、2012年

・「ブルキナファソにおける野球の普及について」、札幌大学文化学部紀要『比較文化論叢』26号、2011年、共著・研究代表

・「ブルキナファソにおける野球の普及」、スポーツ史学会会報『ひすぽ』78号、2011年

・「物語る身体、踊る身体」、スポーツ史学会会報『ひすぽ』77号、 2010年

・「叡知の技を学ぶ 〜武術と着つけ」、小林豊子きもの学院報『美しい人』62号、2010年

【事典】
・『最新スポーツ科学事典』、2006年、平凡社、「思想史・10項目」担当

【雑誌】
・「ひらかれたからだを求めて」『古武術で目覚めるからだ』、2004年、洋泉社


■社会活動

▼公的社会活動

・スポーツ史学会理事(事務局)、2009年4月〜2012年8月

・日本武術研究所、事務局長・師範、〜現在

・全日本体道連盟、事務局長・師範、〜現在


▼社会人学習

【講師】

・「健康なからだを捉えなおす 中国・武当山に伝わる八段錦体験から」、美唄市民教養講座、2015年

・「女性のための教養講座〜女性大学〜」、財団法人北海道女性協会、2011年10月11日第3回

・「古武術」、道新文化センター、2008年4~6月、2008年9月~2012年8月、2013年9月~

・「古武術の世界」、道新文化センター、2006年10月〜2007年6月


▼その他

・在外研究、 上海大学社会学院高級訪問学者、2012年9月~2013年8月

page top