札幌大学   専任教員

HOME > 教員一覧・業績一覧 > 工藤 利彦

教員紹介

■教員名

工藤 利彦


■所属

札幌大学


■職名

教 授


■学位

理学博士 (北海道大学)

 

■専門分野

多様性生物学、藻類学

 

■所属学会

日本植物学会、日本藻類学会、国際藻類学会、米国藻類学会、英国藻類学会

【~2017年4月】

■研究活動

▼著書・著作

・「藻類の生活史集成 第2巻 褐藻・紅藻類」 内田老鶴圃 1993.9 (共著)

 

▼学術論文

・Developmental morphology of a Polysiphonia species (Ceramiales, Rhodophyta)   In a culture experiment.  Journal of Sapporo University Women’s Junior College. No. 47, 2006, 3. (単著)

・Culture Study of the Red Alga Polysiphonia senticulosa Harvey (Ceramiales,     Rhodophyta).  Journal of Sapporo University Women’s Junior College. No. 35.    2000, 3. (単著)

・Culture study of the red alga Polysiphonia yendoi Segi (Ceramiales,   Rhodophyta).  The Sapporo University Journal, No.1, 1996. 3 (単著)

・Lectotypification of some marine red algae described by W. H. Harvey from Japan.  Phycological Research. Vol.43, 1995 (共著)

・Toxonomic features of Polysiphonia morrowii HARVEY (Ceramiales, Rhodophyta).  The Korean Journal of Phycology  Vol.7,No.1 1992.6 (共著)

・Development of a simple method for antibiotic susceptibility testing in algae using paper disks.  Nippon Suissn Gskkaishi Vol.56,No.3 1990.3 (共著)

・抗生物質ディスク法による藻類遺伝子マーカーの検索.  昭和63年度科学技術 振興調整費重点基礎研究成果報告書.  農林水産技術会議事務局 1989.9 (共著)

・Isolation and culture of protoplasts from the marine green alga Monostroma angicava.  Journal of Applied Phycology Vol.1, No.1 1989.4 (共著)

・Taxonomic notes on Polysihnoia senticulosa HARVEY and P. pungens HOLLENBERG (Ceramiales, Rhodophyta).  The Japanese Journal of Phycology  Vol.36,No.2 1988.6 (共著)

・A Taxonomic study of Polysiphonia japonica HARVEY and P. akkeshiensis SEGI (Rhodophyta).  The Japanese Journal of Phycology  Vol.34,No.4 1986.12 (共著)

・「紅藻モロイトグサの分類学的研究」 藻類29巻4号 1981.12 (共著)

 

▼学会発表等

・Taxonomic Features of Polysiphonia morrowii Harvey (Ceramiales, Rhodophyta) Second Japan-Korea  Symposium on Phycology 1991.9

・「ペーパーディスク法による単細胞性藻類 Tetraselmis の薬剤耐性株の作出」 日本植物学会第56回大会 1991.9

・「紅藻ショウジョウケノリの形態学的研究」 日本藻類学会第15回大会 1991.3

・「ペーパーディスク法による藻類培養細胞の薬剤感受性の検索」 日本植物学会第55回大会 1990.10

・「海産藻類研究における遺伝マーカーの役割」 東京大学海洋研究所シンポジュウム「海洋藻類のバイオテクノロジー」 1989.11

・Simple Method for Surveg of the Genetic Markers in Algas using Antibiotic  Paper Discs The First Lnternational Marine Biotechnology Conference  1989.9

・「ペーパーディスク法による微細藻類クラミドモナスの薬剤感受性の検索」 日本植物学会 第54回大会 1989.9

・「紅藻エンドウイトグサの分類学的研究」 日本植物学会第37回北海道支部大会 1989.7

・「紅藻キブリイトグサの分類学的研究」 日本植物学会第34回北海道支部大会 1986.7

・「紅藻モロイトグサの類学的研究」 日本植物学会第30回北海道支部大会 1982.7

 

▼その他の業績

・研究ノート  新潟県日本海沿岸から報告された真正紅藻イトグサ (フジマツモ科  イトグサ属、ネオシフォニア属) 標本の観察.  札幌大学総合論叢  第39号 2015, 3. (単著)

page top