HOME > キャリア・就職支援 > 就職活動を始めるにあたって > さまざまな視点とアセスメント(適性検査)

さまざまな視点とアセスメント(適性検査)

「自分の価値観と企業の価値観を計り、実現したいことを述べる」「自分が長所と自覚している点とその根拠となる経験を述べる」「仕事の中で具体的に求められている能力と自分の能力の差を知る」などの場合、下記の視点や検査が参考になります。ただ検査を受けたり自分で考えたりするだけではなく、必ず専門家からのフィードバックを受けてください。就職担当者が個人面談で、読解し次の行動につなげることをサポートします。インターネットの就職情報ナビに設置されている簡易版ミニ検査の利用や、学外で就職情報会社が開催している就活支援セミナーへの参加などを有効活用してください。

「社会人基礎力」

「前に踏み出す力」、「考え抜く力」、「チームで働く力」の3つの能力(12の能力要素)から構成されており、「職場や地域社会で多様な人々と仕事をしていくために必要な基礎的な力」として、経済産業省が2006年から提唱しています。12の能力要素をキーワードに大卒新卒人材に求める能力・不足していると考える能力などを計る採用試験や面接評価項目を持つ企業もあります。特に、学生が考える能力と企業が考える能力の内容に差が大きくみられるものに「コミュニケーション能力」と「熱意」があります。

 

「コミュニケーション能力」は、笑顔でたわいもない世間話ができることではありません。質問する力・聴く力・自分の意見と相手の意見を比較して違いを捉え話す力・目的をもって話を展開する力・質問の意図を把握し的確な答えを話す力などが含まれます。複数のポイントを計るために、筆記試験・小論文・集団面接・グループディスカッション・ワーク・個人面接が展開されて行きます。

 

コンピテンシー検査

社会人基礎力の12の能力要素などを社内で活躍する人材に高く見られる行動特性としてとらえ、それと近い行動特性を受験者がもっているかどうかを計る検査です。自己PRで"いつも明るく周りを元気にしています"と述べていても、行動として表れている特徴が"周りに対して親和力が低い"と出ては説得力がなくなります。

 

自己分析のツールとして受検し、検査結果からみられる自分の強み・弱みを意識して行動を変える取り組みを具体的に行い、次の受検に向けて活用する方法もあります。

クレペリン検査

簡単な一桁の加算を制限時間内で複数回行う適性検査です。検査用紙と方法には厳格な決まりがあり分析も販売元が責任を持って行います。教員、警察官、交通機関運転士、製造職など、長年使用している企業は毎年採用試験として実施しています。学内で実施される場合には必ず受験して自分の特徴を知ってください。模擬はありません、常に本番です。

SPIの性格適性

SPI検査は「言語」「非言語」「性格適性」で構成されており、性格適性ではネガティブ因子やストレス耐性が計られています。模擬を受検し検査結果をしっかり解読し、自己分析に役立てましょう。

VPI・VRT

VPI(職業興味検査):アメリカで開発されたジョン・L・ホランドによるVPIの日本版。6つの興味領域RIASEC(現実的、研究的、芸術的、社会的、企業的、慣習的)に対する興味の程度と5つの傾向尺度(自己統制、男性-女性、地位志向、稀有反応、黙従反応)がプロフィールで表示されます。

 

VRT(職業レディネステスト):ホランドの職業選択理論RIASECをベースに職業に対する準備度(レディネス)を把握し、職業に関する自分のイメージをチェックしたり、進路選択への動機付けを促すことができます。

 

VRTカードを使ったワークによる自己分析をキャリアサポートセンターで受けることができます。