HOME > 教育・研究活動 > 出版助成制度

出版助成制度

札幌大学出版助成制度

札幌大学出版助成制度は、本学の教員が執筆した研究成果に出版の機会を提供し、その研究成果を広く社会に還元することで、学術・文化の発展に寄与するとともに、出版をとおして本学の研究活動の促進を図ることを目的として、平成8年度に発足しました。これまでにさまざまな研究が出版されています。

札幌大学出版助成による出版一覧(平成8年度~平成25年度)

年度 著者 所属 書名 出版社

平成25年度

山﨑 眞紀子

地域共創学群文化学系

村上春樹と女性、北海道・・・。

彩流社

平成24年度 林  研三 法学部 下北半島の法社会学
〈個と共同性〉の村落構造
法律文化社
山橋 幸子 文化学部 品詞論再考
名詞と動詞の区別への疑問
ひつじ書房

平成23年度

張 偉雄

文化学部

比較文学考

白帝社

平成22年度 川上 淳 文化学部 近世後期の奥蝦夷地史と日露関係 北海道出版企画センター
川村 清志 文化学部 クリスチャン女性の生活史―「琴」が歩んだ日本の近・現代 青弓社
平成21年度 石井 聡 経済学部 もう一つの経済システム-東ドイツ計画経済下の企業と労働者 北海道大学出版会
平成20年度 八鍬 幸信 経営学部 利用者指向に基づく経営情報論の再構築 学文社
平成19年度 本間 雅美 経済学部 世界銀行と開発政策融資 同文舘出版
時崎 久夫 外国語学部 Syntactic Structure and Silence ひつじ書房
越野 武 文化学部 風と大地と-世界建築老眼遊記 新宿書房
田中 幹子 文化学部 和漢・新撰朗詠集の素材研究 和泉書院
平成18年度 元田厚生 経済学部 個人主義と共同体主義の両面的乗り超え : マルクス説の整序と補正の試み 梓出版社
鷲田小彌太 経済学部 近代西欧社会哲学の精髄 : ヘーゲル、マルクスからスピノザへ 彩流社
湯浅恭子 女子短期大学部 C.S.ルイスのリーディングのレトリック : ロゴスとポイエマの統合 彩流社
平成17年度 小川正博, 森永文彦, 佐藤郁夫編著 経営学部 北海道の企業 : ビジネスをケースで学ぶ 北海道大学出版会
瀧元誠樹 文化学部 武と舞の根源を探る 叢文社
平成16年度 綱島不二雄 経済学部 戦後化学肥料産業の展開と日本農業 農産漁村文化協会
山﨑眞紀子 法学部 田村俊子の世界 : 作品と言説空間の変容 彩流社
石塚純一 文化学部 金尾文淵堂をめぐる人びと 新宿書房
金沢英之 文化学部 宣長と『三大考』 : 近世日本の神話的世界像 笠間書院
平成14年度 近藤裕子 法学部 臨床文学論 : 川端康成から吉本ばななまで 彩流社
平成13年度 松本源太郎 経済学部 経済のサービス化と産業政策 北海道大学図書刊行会
米山祐司 経済学部 アメリカ会計基準論 : 国際的調和の動向 同文舘出版
豊国孝 外国語学部 D.H.ロレンスの小説 : シンボル、神話、時間 共同文化社
土井輝生 法学部 Japanese copyright law in the 21st century Oceana Publication
平成12年度 本間雅美 経済学部 世界銀行と南北問題 同文舘出版
柴田勗 文化学部 ブラジルサッカー総覧 : ブラジルサッカーの歴史から用語まで 河出書房新社
御手洗昭治 文化学部 異文化にみる非言語コミュニケーション ゆまに書房
平成11年度 S.M.ジャコービィ著 ; 内田一秀 [ほか] 訳 経営学部 会社荘園制-アメリカ型ウェルフェア・キャピタリズムの軌跡 北海道大学図書刊行会
張偉雄 文化学部 文人外交官の明治日本 : 中国初代駐日公使団の異文化体験 柏書房
平成10年度 加藤芳子 外国語学部 英文学とイタリア : ペトラルカの伝統 近代文芸社
清水隆 文化学部 第19世紀英國小説の技法研究 人力社
高橋康雄 文化学部 吾輩は猫である・伝 北宋社
平成9年度 高田純 外国語学部 実践と相互人格性 : ドイツ観念論における承認論の展開 北海道大学図書刊行会
平成8年度 内田實 女子短期大学部 北海道農業地域論 大明堂
青山治郎 女子短期大学部 明代京営史研究 饗文社